ホンモノを見るということ、知るということ 

ガーベラこんにちは。

千葉県木更津市 スウェディッシュサロン ゆるり間 セラピストの松井まなえです。

 

当サロンでは、解剖生理学に基づき、浅い筋肉から徐々に深い筋肉をゆるめていくオイルトリートメント「スウェディッシュマッサージ」を中心に行っています。

 

木私の花粉センサーが過敏に反応中です。

東京のスギ花粉飛散のピークは今月中旬から下旬とのこと。

うぅっ・・・。

花粉症の皆さま、リフレッシュしつつ、乗り越えましょうね!

葉

ミレー美術館

山梨県立美術館に行ってきました。
「ミレー美術館」という異名をもつ美術館です。

今回この美術館を訪れるのは、ミレーの「種をまく人」「落穂拾い」を観ることが目的です。
これらの作品は、同美術館の収蔵作品ではあるものの、貸出で全国を旅することが多いそうです。なので、在宅(?!)期間をねらって行ってきました。

 

「種をまく人」を見て・・・

これまで「種をまく人」の印象は、
・色合い暗め
・農民の悲哀
といったものでした。

が、作品を目の当たりにして一変!

手前の抑えた色調にも豊かな色があり、奥には明るい空があります。
そして、斜面をくだる足音が聞こえてきそうな力強い歩み、まかれた種の躍動感。
風まで感じることができそうです。

「落穂拾い」を見て・・・

「落穂拾い」は、のんびりした風景という印象でした。
ひととおり収穫作業が終わり、その後片付けというか、おまけの作業のゆったりした情景なのだと思っていました。

が、作品解説を読み、驚愕の事実を知ることになりました。

描かれているのは、畑をもたない貧しい人が、(農家が意図的に地面に残しておいた)穂を拾い集めている様子だというのです。
それを知ると、腰をかがめている女性たちの真剣な眼差しが見えてくるようです。

 

公園散策

美術館と同じく、芸術の森公園にある山梨県立文学館にも足を運びました。
美術館同様、文学館も建物内部が美しく、胸躍ります。

山梨県ゆかりの人たち、林真理子さんや辻村深月さんのコーナーもありました。

花

モニュメントや梅の花を眺めながら公園内の散策も楽しみました。

富士の裾野の地で、春うららかな、ゆったりとした時間を満喫した一日でした。

葉

今回はここまでです。またお会いしましょう。

千葉県木更津市 スウェディッシュサロン ゆるり間 セラピストの松井まなえでした。

 

1週間の人気記事はこちら ↓ ↓

「当たり前」が「当たり前」であるということ
色々あります冬の醍醐味 ~ 明日はふたご座流星群 ~
4年目のパキラに異変?! 花外蜜腺の存在を知る

 

映画「ナイル殺人事件」観てきました

ガーベラこんにちは。

千葉県木更津市 スウェディッシュサロン ゆるり間 セラピストの松井まなえです。

 

当サロンでは、解剖生理学に基づき、浅い筋肉から徐々に深い筋肉をゆるめていくオイルトリートメント「スウェディッシュマッサージ」を中心に行っています。

 

ひな今日(3月3日)は、ひな祭りです。

立ち寄った木更津駅みどりの窓口では、段飾りが飾ってありました。

場が一気に華やかになります。

おひな様の下に敷かれている赤色の毛氈(もうせん)を目にするだけでも、何だか「特別感」「非日常」を感じますね。

葉

映画「ナイル殺人事件」

一昨年から公開が延び延びなっていた映画「ナイル殺人事件」をようやく観ることができました。

入場が、上映開始時刻を少し過ぎてしまいました。
わずかな明かりを頼りに指定席を探そうとしましたが、あまりに暗くて座席番号が全く見えません。まさか、スマホで照らすわけにもいきません。

白黒の映像が流れています。
画面が明るくなる瞬間を待ちますが、なかなかありません。

困り果てながら、じっと目をこらして座席番号に集中します。

「ポアロ」
という音が飛び込んできました。
どうやら本編が始まっているようです。

しゃがみこみ、至近距離で何とか座席番号を確認し、着席。

あれ?
客船が出てきません。
ミステリー・クルーズではなかったっけ?

序盤は、その後のストーリー展開に必要な説明が続きます。

 

場面がエジプトということで、赤茶色のシーンが印象的に描かれています。
ピラミッドや神殿、ナイル川という、とてつもない存在感に圧倒されます。
そして、これらを前にして、観客は胸騒ぎに支配されていきます。

新婚旅行のはずなのに、幸せな雰囲気がありません。
恐怖が付いて回ります。

こんな旅行はイヤです・・・。

 

第一の被害者が出ます。
全く予想していない人でした。

皆があやしく見えます。

黒

「頭脳明晰だけれど変人」だと思っていた、探偵ポアロの苦悩をも本作で知ることになります。

 

クセのある登場人物、それぞれに抱えるものがあります。
観終わった後に、ポスターを見ると、また違って見えてくるので不思議です。

葉

 

今回はここまでです。またお会いしましょう。

千葉県木更津市 スウェディッシュサロン ゆるり間 セラピストの松井まなえでした。

 

1週間の人気記事はこちら ↓ ↓

証明写真が物語るのは己の心理状態?!
富士山と大型タンカーに興奮! 東京湾を渡る
「三井アウトレットパーク木更津」でのお買物のついでに・・・」

映画「Coda(コーダ)あいのうた」観てきました

花こんにちは。

千葉県木更津市 スウェディッシュサロン ゆるり間 セラピストの松井まなえです。

 

当サロンでは、解剖生理学に基づき、浅い筋肉から徐々に深い筋肉をゆるめていくオイルトリートメント「スウェディッシュマッサージ」を中心に行っています。

 

木私の目と鼻が春を感じ始めています。

スギ花粉をキャッチ!

かゆい~。
むずむずする~。

この冬は寒さが続いていたおかげで、症状が出るのが遅めでしたが、ついにきてしまいました。
花粉の季節到来です。

花粉症の皆さま、一緒に乗り切りましょう!!

葉

映画「Coda(コーダ)あいのうた」

観たい観たいと思っていた作品です。

先月末からの上映なので、そろそろ上映が終わってしまうかもしれません。

「あー、観に行けないかも・・・」
と諦めかけていたところですが、時間をつくり、行ってきました。

上映から日にちが経っている上、朝8時台の上映にもかかわらず、客席はかなり埋まっていました。

映画

 

主人公の17歳女子の気持ちに共感。
主人公のお父さんの気持ちに共感。
主人公のお母さんの気持ちに共感。
主人公のお兄さんの気持ちに共感。
主人公に歌を教える音楽の先生に共感。

こんなにも、ひとつの映画の中で、様々な立場の人の気持ちになる作品は、ほかにない気がします。

途中、
笑います。
悔しさを感じます。
応援します。
苦しくなります。
怒りを感じます。
驚きます。
嬉しくなります。
楽しくなります。
熱いものがこみ上げてきます。

 

2月にして早くも今年イチの作品かも!
と思える映画でした。

観ることができて良かったです!
幸せな気持ちに包まれながら映画館を後にしました。
しかも、朝観たので、一日中その余韻に浸れました。

甘い

“Coda(コーダ)”とはChild of Deaf Adults(聾の親を持つ子ども)の略語だそうです。

葉

今回はここまでです。またお会いしましょう。

千葉県木更津市 スウェディッシュサロン ゆるり間 セラピストの松井まなえでした。

 

1週間の人気記事はこちら ↓ ↓

うつ伏せが苦手の方に朗報です!
ダウンジャケットの下に何着てる? 何枚着てる??
開業を考えているあなたへ ~ 青色申告は怖くない ~

映画「フレンチ・ディスパッチ」観てきました

花こんにちは。

千葉県木更津市 スウェディッシュサロン ゆるり間 セラピストの松井まなえです。

 

当サロンでは、解剖生理学に基づき、浅い筋肉から徐々に深い筋肉をゆるめていくオイルトリートメント「スウェディッシュマッサージ」を中心に行っています。

 

飛行機今日(2月16日)は神戸空港開港の日です。

神戸空港は何度か利用したことがあります。

神戸空港からは、ポートライナーに約30分乗車で兵庫県の中心地、三宮に到着できます。
便利です。

が、兵庫県に行く際には、新幹線を選択することの方が多いです。
車窓の景色の移り変わりを楽しみながら、目的地に徐々に近づいていく実感をもてる鉄道の旅はやはり捨てがたいです。

葉

フレンチ・ディスパッチ

ポスターに一目惚れして以来、気になっていた作品です。

フレンチ・ディス・パッチ

観始めてすぐ、
「ん? これはストーリーを追っていく感じではないな」
と感じる展開です。

映画というより舞台のような演出です。
背景が場面転換のように動いていきます。
スポットライトが当てられたかのように、急に一人に焦点が絞られます。

カラーと白黒、終盤にはアニメ仕様になります。

 

内容の理解に努めることは早々に放棄して、映像の美しさにどっぷり浸りました。
配色にも胸躍り、画としても楽しめます。

フレンチ・ディス・パッチ2

フレンチ・ディス・パッチ1

フレンチ・ディス・パッチ3

美術好きの方には特におすすめの作品です。

葉

今回はここまでです。またお会いしましょう。

千葉県木更津市 スウェディッシュサロン ゆるり間 セラピストの松井まなえでした。

 

1週間の人気記事はこちら ↓ ↓

そうだ! 悩みがあるならカフェに行こう?!
自分の置き場所は自分で決めよう ~あなたにしかわからない~
学校図書館の思い出 ~ ドリカム眼鏡越しの空 ~

ジャポニズムの視点がもたらすもの

花こんにちは。

千葉県木更津市 スウェディッシュサロン ゆるり間 セラピストの松井まなえです。

 

当サロンでは、解剖生理学に基づき、浅い筋肉から徐々に深い筋肉をゆるめていくオイルトリートメント「スウェディッシュマッサージ」を中心に行っています。

 

雪この2月は例年になく寒いそうです。

ひとが
「今日はちょっと暖かいかな?」
と感じるのは、最高気温が15度を超える日なのだそうです。

昨年2月の東京、最高気温が15度を超える日をみてみましょう。
2日、7日、13日、14日、16日、20日、21日、22日、23日。
9日間あります。

それが、この2月はまだ1日もないとのこと。

 

必ず、暖かくなる日がやってきます。
なので、もう少しの間、この寒さを楽しんでいきましょう。

葉

初めて訪れる美術館

千葉市美術館に行ってきました。

これまで、建物の脇を通ったことはありましたが、足を踏み入れたことはありませんでした。

美術館というと、まちなかから離れた場所や、自然豊かで広大な公園の一角にあることが多いように思いますが、この千葉市美術館は、ビルが立ち並ぶ場所に、突如として現れます。

そして、こちらの美術館は横に広いのではなく、縦に伸びています。
ビル丸ごと、美術館とその関連施設です(たぶん)。
そして、千葉駅から徒歩圏内という嬉しい立地。

千葉市美術館

企画展「ジャポニズム 世界を魅了した浮世絵」が目的でした。

素人目にはわからない視点の、丁寧な解説が作品横に細かく付いていたことで、常に理解の糸口が与えられた状態で鑑賞できたのが良かったです。

何もわからぬまま2つの作品(日本の浮世絵と、その影響を受けた西洋絵画)を目の当たりにするのではなく、
「なるほど~」
と思いながら見比べられるのが、とても面白かったです。

また、想像をはるかに超えるボリュームで、見応えがありました。

 

常設展は「おまけ」くらいの気持ちでいたのですが、こちらも十分すぎるほどに楽しめました。

 

そして、ミュージアムショップも充実しています。
美術館に行った時は、外せない、大好きな場所です。

今度は、11階にあるレストランなどにも行ってみたいなぁ、と次の来訪の楽しみを胸に秘めつつ、美術館を後にしました。

甘い
千葉市美術館、お気に入りリストに加わりました。

葉

今回はここまでです。またお会いしましょう。

千葉県木更津市 スウェディッシュサロン ゆるり間 セラピストの松井まなえでした。

 

1週間の人気記事はこちら ↓ ↓

そうだ! 悩みがあるならカフェに行こう?!
学校図書館の思い出 ~ ドリカム眼鏡越しの空 ~
怒りっぽい人が増えるのは季節のせい?!

新世界を知る喜び ~ 邦楽(和楽器) ~

花こんにちは。

千葉県木更津市 スウェディッシュサロン ゆるり間 セラピストの松井まなえです。

 

当サロンでは、解剖生理学に基づき、浅い筋肉から徐々に深い筋肉をゆるめていくオイルトリートメント「スウェディッシュマッサージ」を中心に行っています。

 

雪皆さま、木曜から金曜にかけて降った雪の影響はありましたか?

当サロンのある千葉県木更津市では、木曜の夜に降り始め、金曜の朝には、屋根や地面が薄っすら白くなっていました。

幸い、道路が凍結することはなく、交通に支障が出ることもありませんでした。

この冬は、あと何回まちが雪化粧するでしょうか?
葉

邦楽コンサート

青葉の森公園芸術文化ホール(千葉市)で開催された「邦楽コンサート」に行ってきました。
ホールに、照り屋根付き白木総檜造りの組み立て式の能舞台が設置されています。

始めて目の当たりにする能舞台に開演前からワクワクします。

 

4部構成。
【第1部】
稲毛浅間神社神楽連による「天の岩戸の舞」

【第2部】
長唄「三番叟」
創作「桃太郎」

【第3部】
ダンサー大前光市氏と邦楽(和楽器)の共演

【第4部】
長唄「勝三郎連獅子」

邦楽コンサート

神楽連の演目は、大きな効果音や派手な演出があるわけではないのに、舞で盛り上がりの様子が見事に表現されていました。
機会があれば、神社という独特な空気感の中で見てみたいと思いました。

長唄の演目では、演者の方たちが、お若いことにまずは驚きました。
お話の中から推察するに、30歳前後の方がほとんどだったのではないでしょうか。
長唄の演者さんといえば、年配の方だという勝手な思い込みが自分の中にあったことに気が付きました。

ダンサーの大前さんの踊りは決して日本的ではないのですが(そういうオーダーがあったそうです)、その妖艶な雰囲気が邦楽と不思議と合っていました。

花

演目の間に、邦楽囃子方の望月太左乃さんが、和楽器や能舞台などについて解説をしてくださったのですが、それがとても興味深かったです。
初めて知ることばかりで、
「へぇーっ!」
と、終始感心しきりでした。

以下、記してみたいと思います。
私の聞き間違いや勘違いもあるかもしれませんが、そこのところはご容赦くださいませ。

【横笛】
・横笛には、能菅と篠笛がある
・能菅は能や歌舞伎で用いられる。音階はなく、高音が特徴的。
魂を揺さぶられるような音です。
・篠笛は神楽連や祭礼で用いられる。音階があるので、五線譜の音楽を奏でることが可能。
・篠笛は、その日の謡い手さんの声の調子によって使い分けるので、常に40本くらい用意している。

【鼓】
・鼓は小鼓と大鼓がある。
・小鼓は右肩にのせて演奏する。
・小鼓は乾燥すると音が出なくなるので、舞台などで強い照明を受けて乾燥する場所では、曲の合間に演者の息を吹きかけて、皮に湿気を与える。
・大鼓の皮は演奏の前に2時間程炙って使用する。2~3公演毎に張り替える。
・小鼓の音は2種類、大鼓は高音の1種類。

【太鼓】
・太鼓は中央に丸印があり、そこを叩いて音を鳴らしている。(どこでもいいわけではない)
・バチは太いものと細いもので音を使い分けている。

【囃子】
・ひな人形に飾られる5人囃子は
「向かって右から、口に近い楽器の並び順」である。
扇を持った謡(うたい)、笛、小鼓、大鼓、太鼓。
これはとってもわかりやすいし、忘れません!

【箏】
・(本公演は通常の13絃と重厚な音の17絃でしたが)最大はなんと80絃!
80絃の演奏、いつか聞いてみたいです。

 

【能舞台】
能舞台の照り屋根を支える4本の柱は、実のところ現代の建築技術では、なくすこともできる。この柱があることで、観客から舞台が見づらい、という問題もあり。

が、現代でも能舞台に必ず4本の柱はあるそうです。

なぜか?

面(おもて)をつけていると非常に視界が狭くなり、舞台の範囲が目視できないため、柱が舞台の範囲を示す役割を担っている、というのです。
舞台から転落したら大変です!

公演後、展示されている数々の能面を見ましたが、2ミリ程度しか目の部分が開いていない面もありました。
この状態で舞台で舞うなんて神業!

 

せり出した舞台(現世)から裏(あちらの世界)に続く廊下のようなところの脇に松が配置されている。
一の松、二の松、三の松と呼ばれ、大きさは順に大→小となっている。

 

松が舞台の正面に描かれ、竹は柱に描かれている。

松、竹・・・
「梅は?」
となりますが、梅は舞台にありません。
理由は、梅は季節を表現するから、だそうです。

 

勉強になりました!!

 

広がる世界・・・

知らない世界に触れることは、発見と喜びがあります。

きらきら

「気になる」を大切に、「思い立ったが吉日」精神で、これからも出会いを求めていこうと思います。

葉

今回はここまでです。またお会いしましょう。

千葉県木更津市 スウェディッシュサロン ゆるり間 セラピストの松井まなえでした。

 

1週間の人気記事はこちら ↓ ↓

そうだ! 悩みがあるならカフェに行こう?!
ダウンジャケットの下に何着てる? 何枚着てる??
「挑む」と「逃げる」は紙一重なのか?!

映画「キングスマン」観てきました

松こんにちは。

千葉県木更津市 スウェディッシュサロン ゆるり間 セラピストの松井まなえです。

 

当サロンでは、解剖生理学に基づき、浅い筋肉から徐々に深い筋肉をゆるめていくオイルトリートメント「スウェディッシュマッサージ」を中心に行っています。

 

冬今日(1月20日)は「大寒」。
一年で最も寒い時期です。

1月上旬に雪が降って以来、寒い日が続いていますね~。

皆さま、どうぞお身体にお気を付けてお過ごしくださいませ。

葉

映画「キングスマン」観てきました

手に汗握る、とはまさにこのことで、実際に手汗でぐっしょり。
臨場感あふれる場面に、劇場にいることを忘れ、つい悲鳴が出てしまいそうでした。

あぶない、あぶない・・・。

 

ロシアで繰り広げられる戦いの場面は圧巻。
存在が「気味の悪さ」で出来上がっているような、主人公の敵役が、まるで舞っているかのように剣をさばく姿はあまりに華麗で、目を奪われました。

 

また、歴史上の人物が複数出てきますが、歴史の教科書で見た姿とスクリーンに映っている外見や印象が異なるせいか、頭の中で情報処理が追い付かないことがありました。

ただ、これは私の記憶違いや曖昧さもあるので、自信はありませんが・・・。

なので、第一次世界大戦前後の歴史がきっちり頭に入っている方であれば、
「この場面はあの史実をもとにしているのね!」
と納得したり
「えー?!これはやりすぎでしょう!」
と、突っ込みを入れたりしながら、更に楽しめるのではないかと思います。

ひと

「心配しすぎると心配したとおりになる」
というようなことを、お屋敷で働く教育係の女性が言います。
伏線なのですが、何だかコワイ言葉です・・・。

来月も目白押し!

これから公開される映画も、観たい作品が沢山あります。
映画

「ナイル殺人事件」

一昨年秋公開予定だった作品がようやく公開。首を長くして待っていました!

「Coda(コーダ)」

「歌」がテーマの作品なだけに劇中でもきっと素敵な歌声が聞けるはず。期待しちゃいます!

「ウエスト・サイド・ストーリー」

歌とダンスの魅力が詰まったミュージカルに胸躍ります!

「フレンチ・ディス・パッチ」

ポスターがおしゃれで、ただそれだけで、もう観たい!

 

この冬は、映画館に足繁く通うことになりそうです。
皆さまも、気になっている映画はありますか?

葉

今回はここまでです。またお会いしましょう。

千葉県木更津市 スウェディッシュサロン ゆるり間 セラピストの松井まなえでした。

1週間の人気記事はこちら ↓ ↓

ダウンジャケットの下に何着てる? 何枚着てる??
映画「TENET テネット」観てきました
4年目のパキラに異変?! 花外蜜腺の存在を知る

 

「当たり前」が「当たり前」であるということ

松こんにちは。

千葉県木更津市 スウェディッシュサロン ゆるり間 セラピストの松井まなえです。

 

当サロンでは、解剖生理学に基づき、浅い筋肉から徐々に深い筋肉をゆるめていくオイルトリートメント「スウェディッシュマッサージ」を中心に行っています。

 

花年が明けて2週間も経つと「新春」感が薄れてきますね。

商業施設では、既にバレンタインコーナーが大々的に開設されています。
通りがかるたびに、楽し気な雰囲気に吸い寄せられ、ショーケースに並ぶチョコレートをつい眺めてしまいます。

そんな中、ゆるり間ではお正月気分の余韻に浸りつつ「新春福袋(各種回数券)」を今月いっぱい取り扱っております。
どうぞご利用くださいませ~。

葉

貴い・・・

先日、学生時代からの友人宅に遊びに行きました。

3人で集まるのは実に3年振りです。

美味しいものを食べて「美味しいね~」と顔を見合わせること、お互いの近況報告に突っ込んだり、一緒に腹を立てたり、笑い合ったりできる喜びを感じながらの幸せな時間でした。

キラキラ

 

「あ~! こういう時間がずっと足りていなかった!」
「集まれるのってこんなに楽しいんだね~!」

3年前までの「当たり前」が、今や貴重な体験になっています。
再び「当たり前」の日がくることを信じて帰路につきました。

 

そして、いま忘れてはならないのが、
自分が健康でいる「当たり前」
大切なひとたちが健康でいる「当たり前」。

 

皆さまも、引き続き、どうぞお気を付けてお過ごしくださいませ。

葉

今回はここまでです。またお会いしましょう。

千葉県木更津市 スウェディッシュサロン ゆるり間 セラピストの松井まなえでした。

1週間の人気記事はこちら ↓ ↓

自分の置き場所は自分で決めよう ~あなたにしかわからない~
エッセンシャルワーカーのあなたへ・・・
日常の至福のひととき・・・それはラジオ時間

日常の至福のひととき・・・それはラジオ時間

松こんにちは。

千葉県木更津市 スウェディッシュサロン ゆるり間 セラピストの松井まなえです。

 

当サロンでは、解剖生理学に基づき、浅い筋肉から徐々に深い筋肉をゆるめていくオイルトリートメント「スウェディッシュマッサージ」を中心に行っています。

 

雪皆さま、先週木曜日の雪は大丈夫でしたか?

「雪予報とは言っても、ちらちら舞うくらいだろうなぁ~」
と、午前中はのんきに構えていました。
が、お昼過ぎには静寂の中、降り続ける雪に
「積もるかもなぁ~」
と、非日常の景色に高揚。
そして、夕方には
「まだまだ降り続ける?」
と、不安な思いで1時間毎の天気予報をチェック・・・。

 

翌日、凍る道を恐る恐る小股で歩く私の脇を、小学生が軽やかに駆け抜けていきました。

羨ましい!

葉

大好きなラジオ番組

ラジオ好きの私のお気に入り番組に「あさこ・佳代子の大人なラジオ女子会」(NHK 毎週土曜 16:05~)があります。

いとうあさこさんと大久保佳代子さんがパーソナリティーです。
プライベートでも仲良しというお二人の会話は、安心感と発見、面白さが詰まっています。
そして、じんわりと沁み込んできます。

毎回変わるゲストは芸能人にとどまらず、「カリスマ清掃員」や「ドッグトレーナー」だったりもします。
お二人が色々な切り口でゲストからお話を引き出してくれるので、知らなかった世界を垣間見て、親近感すら感じることができます。

リアルタイムで聴くことが難しくても、アプリ「らじるらじる」の聴き逃し配信サービスで放送日から一週間の間、いつでも何度でも聴くことができます。

便利な世の中ですね~。

葉

今回はここまでです。またお会いしましょう。

千葉県木更津市 スウェディッシュサロン ゆるり間 セラピストの松井まなえでした。

 

1週間の人気記事はこちら ↓ ↓

泣いて暮らすも一生 笑って暮らすも一生
自分の置き場所は自分で決めよう ~あなたにしかわからない~
快適と感じる範囲は広い方がいい、温度も人間関係も

映画「私はいったい、何と闘っているのか」観てきました

松こんにちは。

千葉県木更津市 スウェディッシュサロン ゆるり間 セラピストの松井まなえです。

 

当サロンでは、解剖生理学に基づき、浅い筋肉から徐々に深い筋肉をゆるめていくオイルトリートメント「スウェディッシュマッサージ」を中心に行っています。

 

新春福袋(回数券)好評発売中です!

葉

映画鑑賞初め

今年初の映画鑑賞は「私はいったい、何と闘っているのか」です。

以前、映画館で、別の作品の上映前に流れる予告編を見て
「店長になりたくないのに、周りから店長に推されて渋々店長になった人の話」
だと思っていました。
が、始まってすぐにそれが勘違いであることが判明。

映画

主人公が、カツカレーを食べるシーンが何度も出てきます。
そのカツカレーの美味しそうなことといったらありませんでした。

また、沖縄旅行の場面には、しばらく旅行に行けていないこともあり、ワクワクが止まりませんでした。

 

原作は、つぶやきシローさん。
人間観察模様がちりばめられています。

期待するように人は立ち回ってくれません。
当たり前です。
そんなに都合よく周囲が動くことなんてありえません。
そこがよかったです。

人

主人公が勤続25年(年数はちょっと違うかもしれません)の職場を去る時に、花束も拍手も送別会もありませんでした。
でも、見送ってくれる人はいました。

 

結局のところ、主人公は何と闘っているのでしょうか?
「己」でしょうか?

 

番外編

年明け早々、自宅で(図らずも)観た映画が、これまた素晴らしい作品でした。

何の気なしにテレビをつけて、チャンネルを変えていったところで、
「あ! ヴィヴィアン・リー!!」
と、リモコンを持つ手が止まります。

「風と共に去りぬ」が放映されているではありませんか!

スカーレット役のヴィヴィアン・リーの美しさといったら、もはや芸術の域です。

翌日、
「今日もいい映画をやっていたりして・・・」
とテレビをつけたところ、今度は「ローマの休日」が!

お正月番組は贅沢ですね!

オードリー・ヘプバーンのくるくる変わる愛らしい表情にくぎ付け。

観終わった時、清々しい気持ちになりました。

映画

両作品とも、大きなスクリーンで観てみたいなぁと思います。
いつか映画館で!

葉

今回はここまでです。またお会いしましょう。

千葉県木更津市 スウェディッシュサロン ゆるり間 セラピストの松井まなえでした。

 

1週間の人気記事はこちら ↓ ↓

自分の置き場所は自分で決めよう ~あなたにしかわからない~
そうだ! 悩みがあるならカフェに行こう?!
ゆるり間のこだわり:触覚編 ~ マッサージベッド ~