きっと一生勉強! そして一生青春!

花こんにちは。

千葉県木更津市 スウェディッシュサロン ゆるり間 セラピストの松井まなえです。

2017年秋 オープンを目指し奮闘中です。

 

サロン

サロンでお客様にご使用いただく鏡(ドレッサー)を探しています。

あたたかみのある、柔らかな印象のものをイメージしています。

設置の様子を思い描くことも楽しいので、素敵な出会いを求め、もうしばらく、色々と見て回ろうと思います。

 

葉

 

濃密な時間・・・

今回のスクールは「実技試験(ロールプレイング)」でした。

場所は、いつものレッスン場ではなく、先生のサロンで行われました。お客様役は先生方です。今回試験を受ける生徒は、二人。二組に分かれての実施です。

ひぃーっ! 緊張するぅー!!

初めに、道具の場所や使用方法などの説明を先生から受けます。ハッと気づけば、先生から2ⅿくらい距離をとっている私たち・・・。

カチカチ緊張でカチコチ。声も小さくなる。喉はカラカラ・・・。

スタート!

カウンセリングから始まり、フットバス、全身90分のコース スタートです。

「いま失敗しておくことが勉強になるから、今日は色々試してみて」と先生方より。

いざ、始まってみると、上記のお言葉を受け、意外と落ち着くことができました。

 

カウンセリングのポイント、声かけのタイミングなどについて、その場で具体的なご指導をいただきました。

お客様の抱える悩み、問題について、ご自身が気が付いていらっしゃらず、表面化していない場合も考えられます。そのため、カウンセリングシートの内容に加え、様々な情報を得られるよう、感覚を研ぎ澄ませ、適切な質問を重ねることが大切です。

「カウンセリング」については、ようやく入口に立てた、というような感覚です。

失敗から学ぶ・・・

お客様への配慮に欠ける場面がありました。フットバスのあと、ガウンを脱いで、ベッドに横になり、お待ちいただく時のことです。私はフットバスの片付けを済ませ、部屋の扉をノックをし、「失礼いたします」とお声をかけますが、お客様から反応がありません。少し時間をおいてから再び「失礼いたします」と言いながら扉を開けてしまいました。そろそろご用意ができているだろう、という勝手な思い込みでした。

「あ~、ちょっと待って! 」と、お客様はなかなか言いづらいものです。自分に置き換えてみても、思い当たる節があります。

お客様が余裕をもってお着替えや移動などができる時間を十分に確保した上で「ご準備はお済みですか?」と返答しやすい質問を投げかけ、お返事をいただいてから入室するべきでした。反省。

 

ふわふわまた、お客様にスウェディッシュの効果を実感していただく機会をつくらなかったことも、改善すべき点です。

せっかく緩んだ筋肉の柔らかくなった状態をご自身で確認していただくことをしていませんでした。

「触ってみてください」この一言が出なかった理由は何か?

自分が次にやろうとしている手技のことばかりを考えていたからです。加えて、お客様がご自身の体の変化を感じることで、ご安心なさると同時に、ご自身の体への関心が高まり、労わることにつながる、という認識が不足していたためでした。

有頂天!

技術面では、「要練習」とご指摘のあった箇所が1つありましたが、「ほかは問題なし。ここまで技術を高めていたことに驚いた」との評価をいただきました。

 

上がるわーい ♪

ありがとうございます!

 

・・・おっと! 「要練習」についても忘れていません!! 今後、しっかりと練習を積んでいきたいと思います。

 

間もなく・・・

帰り道、興奮冷めやらぬまま、二人で、これまでのスクールでのことを振り返りました。まずは、このスクールで学べた幸運! そして、先生方への感謝の気持ちが溢れ出てきました。

スクールでの残り少ない日々を、大切に過ごしていきたいと思います。

 

葉

 

今回はここまでです。またお会いしましょう。

千葉県木更津市 スウェディッシュサロン ゆるり間 セラピストの松井まなえでした。